home   |   access   |   link  

English


- 沖大幹教授が「ストックホルム水大賞」を受賞!
2024年3月22日(金)、ストックホルム国際水研究所が、「水のノーベル賞」とも呼ばれる「ストックホルム水大賞(Stockholm Water Prize)」の2024年の受賞者として、沖大幹教授を選んだことを発表しました。本賞は世界で最も権威のある水関連の賞であり、ノーベル賞の選考を行っているスウェーデン王立科学アカデミーの協力によりストックホルム国際水研究所が決定し、スウェーデン国王カール16世グスタフ国王より授与されます。本賞の受賞は、建設省で日本の下水道の普及に尽力された久保赳氏(1994年)、水処理研究で世界的に高名なカリフォルニア大学名誉教授の浅野孝教授(2001年)以来23年ぶり3人目となります。 詳細は、東京大学広報ページストックホルム国際水研究所のYouTube動画をご覧ください。(2024年3月).
- 博士3年のYuheng Liさんが、日本地球惑星科学連合の大気水圏科学セクションで学生優秀発表賞を受賞しました(リンク)(2023年9月).
- 徳田大輔特任助教が令和4年度水工学論文奨励賞を受賞しました(リンク)(2022年5月).
- 徳田大輔特任助教が第66回水工学講演会にてアウトスタンディング・ディスカッション賞を受賞しました(リンク)(2022年5月).
- 沖大幹教授のIPCC報告書に関するインタビューがNHKニュースに掲載されました(リンク)(2022年3月).
- 徳田大輔特任助教と学生らによる長崎県対馬市の現地調査および対馬在住の皆様との意見交換会の様子が地元メディアから取材・報道され,またそれが本学工学系研究科のトップページにてトピックスとして掲載されました(リンク)(2022年2月).
- 修士1年の奥田壮馬さんが第24回実験社会科学カンファレンスにて若手発表賞を受賞しました(2022年2月).
- 徳田大輔特任助教が水文・水資源学会/日本水文科学会 2021年度研究発表会にて優秀発表賞を受賞しました(2021年9月).
地球人間圏研究室の使命(Mission Statement)
地球人間圏研究室に加わるには?
見学・相談は常時受付ています.事前にご連絡ください.
  教授 沖大幹 HP
  客員教授 花崎直太 HP
  上席研究員 木口雅司 HP
  助教 南出将志
  助教 木野花音
  →より詳しいメンバーリスト
  学位論文テーマ一覧
  学位論文テーマ一覧(2020年以前)
  最近の業績リスト(2021年以降)

 

このページには、 2024年05月に 939 回のアクセスがありました。
2022年1月からの積算では 17593 回です。