home   |   access   |   link  


博士論文,修士論文,卒業論文
論文(PDFファイル),発表(PPTファイル)のダウンロードは内部限定です

■ 2017年3月
修士論文
 瀧内拓磨 全球における河川への実流出量に対する窒素フットプリントの推定 論文発表中間
修士論文
 徳田大輔 河氷を考慮した全球水熱流下モデルの開発 論文発表中間
修士論文
 野本大輔 水の安定同位体を用いた豪雨時における広域水蒸気輸送過程に関する研究 論文発表中間
修士論文
 藪優太郎 日本域1㎞解像度陸域モデルによる河川流量の検証とデータ同化 論文発表中間
修士論文
 Azariah AMADOR The contribution of weather systems to the interannual variability of precipitation in Central America (中米における降水量の年々変動に対する個々の気象システムの寄与) 論文発表中間
卒業論文
 竹島滉 日本の河川流域における洪水到達時間と地形特性との関係 論文発表中間
卒業論文
 兎澤知浩 物理的降雨流出過程を組み込んだグローバルな陸域モデルの開発 論文発表中間
■ 2016年9月
修士論文
 Muhammad Hasnain ASLAM Sediment yield in Jhelum River basin with and without climate change impact in Pakistan(パキスタン・ジェラム川流域における土砂生産に対する気候変動影響) 論文発表中間
修士論文
 Mahesh YADAV Statistical prediction of wet and dry season discharge anomalies in global major rivers by climate modes(世界の主要河川の雨季と乾季における流量偏差の気候モードによる統計的予測) 論文発表中間
■ 2016年3月
博士論文
 岡崎淳史 同位体大気陸面結合モデルの開発及び同位体気候プロキシデータによる検証(Development of stable water isotope incorporated atmosphere-land coupled model and comparison with climate proxies) 論文発表中間
博士論文
 魏忠旺 水の安定同位体比情報を利用した大気と陸面の水循環過程の解明に関する研究(Study on atmospheric and terrestrial water circulation processes using stable water isotopes) 論文発表中間
修士論文
 福田紫瑞紀 飲み水に関するミレニアム開発目標はなぜ達成されたのか 論文発表中間
修士論文
 牧野達哉 ヴィエンチャンにおける水物質循環に基づく生活用排水系の検討 論文発表中間
修士論文
 向田清峻 全球土砂輸送量の時空間変動に関する研究 論文発表中間
修士論文
 渡辺晋 複数事例調査に基づくまちおこし事業の歴史的経緯に関する研究 論文発表中間
修士論文
 Ana Gabriela Garcia Rogel Technical and economical analysis on the effectiveness of renewable energy in Guatemala(グアテマラにおける再生可能エネルギーの有効性に関する技術的および経済分析) 論文発表中間
卒業論文
 石塚悠太 数値気象予報データを用いたアンサンブル洪水予測システムの構築 論文発表中間
■ 2015年9月
博士論文
 Cherry May Mateo Study on hydrodynamic river model with reservoirs for improved simulation of floods in a low-lying floodplain(低平氾濫原の洪水シミュレーション改善に向けた貯水池を含む水文動的河川モデルに関する研究) 論文発表中間
修士論文
 Amad Ud Din Estimation of snow area using remote sensing data and Digital Elevation Model(リモートセンシングと数値標高データを用いた積雪面積の推定) 論文発表中間
修士論文
 Amelia Lee Zhi Yi Simulating 131I pathways in the waters from Fukushima to Kanto -A case study for March 2011-(大気陸面河川モデルを用いた福島から関東地方へのI131の輸送過程) 論文発表中間
■ 2015年3月
博士論文
 内海信幸 気象要因で分類した全球降水量分布とその将来変化に関する研究(論文博士) 論文発表中間
博士論文
 矢野伸二郎 人間活動が世界の水資源に及ぼす影響と持続可能性の評価に関する研究(論文博士) 論文発表中間
博士論文
 Mehwish Ramzan Changes in precipitation and temperature extremes over South Asia using dynamical downscaling of climate change prediction results(気候変動予測結果の力学的ダウンスケーリングを用いた南アジア域における降水と気温の極値変化) 論文発表中間
修士論文
 佐谷茜 放射性物質大気移流拡散シミュレーションにおける不確実性の分析およびホットスポット形成過程の解明 論文発表中間
修士論文
 鈴木渉 高精度・広域土地被覆データ作成のための客観的推計手法の開発 論文発表中間
修士論文
 鳩野美佐子 全球気候モデルへの河川氾濫過程の導入及び影響評価 論文発表中間
修士論文
 濱田準哉 日本におけるダム撤去議論の解明 論文発表中間
修士論文
 吉田奈津妃 地表面情報の不確実性が全球陸面モデルによる水収支推定に及ぼす影響に関する研究 論文発表中間
卒業論文
 徳田大輔 自然災害による事業所の操業停止期間と事業継続に関する実証的研究 論文発表中間
卒業論文
 瀧内拓磨 自然的・社会的要因を考慮した穀物自給率の規定要因の分析と将来予測に関する研究 論文発表中間
卒業論文
 藪優太郎 日本全域における超高解像度水文シミュレーションフレームワークの構築 論文発表中間
■ 2014年10月
博士論文
 中村晋一郎 基本高水の制度化に関する歴史研究(論文博士) 論文発表中間
■ 2014年9月
博士論文
 佐藤雄亮 旱魃の将来変化に対する水資源管理の効果に関する研究(Study of impact of the water resources management on projected future change of drought) 論文発表中間
博士論文
 Rajan BHATTARAI Study of economic damage due to pluvial flood in Japan and the world and the impact of climate change (日本と世界における内水氾濫による経済的被害と気候変動による影響に関する研究) 論文発表中間
修士論文
 Ronald MUANA Payment for ecosystem services framework developed through a hydrologic/water quality model: A look into nutrient pollution in Manila Bay (水質水文モデルを用いた生態系サービス支払制度の検討-マニラ湾における水質問題を対象として-) 論文発表中間
■ 2014年3月
修士論文
 岡根谷実里 Study on the development of a method assessing the vulnerability to famine in each country 論文発表中間
卒業論文
 福田紫瑞紀 ミレニアム開発目標の進捗が主観的幸福度の向上に及ぼす影響に関する研究 論文発表中間
卒業論文
 牧野達哉 ビエンチャン近郊における水道普及に生計資本が及ぼす影響に関する研究 論文発表中間
卒業論文
 向田清峻 河川断面を考慮した日本域高解像度実時間洪水予測システムの構築に向けたシームレス河川流路網モデルの検証 論文発表中間
■ 2013年9月
修士論文
Xiaogang HE Diurnal Cycle of Precipitation in West African Monsoon Region: Observation and Model Simulation 論文発表中間
■ 2013年3月
修士論文
梯滋郎 水害常襲地の分布とその特性<古市賞> 論文発表中間
修士論文
金沢知範 日本型水取引制度の経済モデルに関する研究<古市賞> 論文発表中間
卒業論文 阿部佐智 Assessment of the Effect of Drought on Undernourishment Considering International Trade 論文発表中間
卒業論文 高橋里奈 主要な死亡原因における被害量と対策投資額の分析 論文発表中間
卒業論文 鳩野美佐子 陸面・河川氾濫モデルによる全球洪水リスク実時間算定システムの構築 論文発表中間
■ 2012年12月
博士論文
新田友子 北極圏における陸域水循環過程の解明に向けた陸面モデルの高度化に関する研究(A study on land surface modeling for the pan-Arctic terrestrial hydrological cycles) 論文発表中間
■ 2012年9月
修士論文
Cherry MATEO Hydrological modeling with reservoir operation in the Chao Phraya River Basin for flood mitigation<古市賞> 論文発表中間
修士論文
Ram SARKER The relationship between extreme precipitation and surface air temperature in Bangladesh 論文発表中間
■ 2012年3月
博士論文
山崎大 世界の大陸河川における大規模氾濫の物理的モデリングに関する研究 (Physically-based Modelling of Large-scale Flooding in Continental-scale Rivers of the World)<育志賞><工学系研究科長賞> 論文発表中間
博士論文
渡部哲史 水分野における気候モデル出力値補正手法に関する研究 (A study on the bias correction of the GCM output for water cycle management) 論文発表中間
修士論文
岡崎淳史 熱帯温帯アイスコアに刻まれた気候情報の復元精度向上に向けたモデリング研究 論文発表中間
修士論文
下川紗保理 潜在価格を考慮したウォーターフットプリント推計手法の開発 論文発表中間
修士論文
Faisal SHOUKAT Study on current and future water balances in Punjab, Pakistan 論文発表中間
修士論文
福林奈緒子 日本の水害発生確率とリスク評価 (Probability of Water-Related Disaster Occurrence and Risk Evaluation in Japan)<古市賞> 論文発表中間
卒業論文 岡根谷実里 水不足が世界の栄養失調に及ぼす影響に関する研究 論文発表中間
卒業論文 恒川貴弘 土壌水分変動を利用した衛星による降雨プロダクトの精度向上に関する研究 論文発表中間
■ 2011年9月
博士論文
Yadu POKHREL Study of the Global Terrestrial Water Cycle Using a Land Surface Model with Representations of Human Impacts (人間活動を組み込んだ陸面モデルによる全球陸面水循環に関する研究) 論文発表中間
■ 2011年3月
修士論文
小島啓太郎 サンゴ記録と同位体大循環モデルを用いた表層海水同位体比の変動メカニズムの解明 (A study on stable water isotope in surface seawater by isotope incorporated-GCM and coral proxy records)<古市賞> 論文発表中間
修士論文
近藤剛 地域の水利用可能性を考慮したウォーターフットプリント推計手法の開発 (Water footprint estimation considering the availability of water resource in regions) 論文発表中間
修士論文
佐藤雄亮 降水に対する土地利用/被覆変化の影響評価?中国東北部を対象として? (The potential impact of Land use/cover change on regional scale precipitation in North-east China) 論文発表中間
修士論文
橋本恒平 MODIS画像による河川流量手法の開発 (農学生命科学研究科) 論文発表中間
修士論文
松尾修 水同位体比情報および緩和渦集積法を用いた蒸発/蒸散フラックス分離計測技術の開発 (Development for partitioning Evapotranspiration flux by using Water Isotopic Information and Relaxed Eddy Accumulation) 論文発表中間
卒業論文 梯滋郎 都市河相の解明に向けた基礎的研究?山手城南3河川を対象として? 論文発表中間
卒業論文 香取亜希 気候変動に対する国際社会の最適な政策と協調に関する研究 論文発表中間
■ 2010年9月
修士論文
Muhammad UKASHA Influence of Reservoir on water table of adjacent Aquifer 論文発表中間
■ 2010年3月
博士論文
金炯俊 Role of Rivers in the Spatiotemporal Variations of Terrestrial Hydrological Circulation (陸域水循環の時空間変動における河川の役割に関する研究) 論文発表
博士論文
Sujan KOIRALA Explicit representation of groundwater process in a global-scale land surface model to improve hydrological predictions (グローバルな陸面モデルへの地下水過程の組み込みによる水文予測精度の向上) 論文発表
修士論文
稲葉一考 統合型水資源モデルH08を用いた20世紀後半の世界のコムギ単収に及ぼした肥料の効果の推定 (Global estimation of the effect on the wheat yield by fertilization in the late 20th century by using integrated water resources model H08) 論文発表
修士論文
Miguel CASTANEDA Assessing the effect of relative humidity on regional rice yields using large-scale crop model 論文発表
修士論文
鈴木聡 日本における降水の週周期性および大気エアロゾルとの関連性 論文発表
修士論文
簑島大悟 日本の水害発生確率とその特性 論文発表
卒業論文 下川紗保理 水ビジネスの海外進出に関する研究 ―日本企業・政府への戦略提言― 論文発表
■ 2009年9月
博士論文
趙在一 A Study on Structural and Physiological Roles of Vegetation for Evapotranspiration (植生の構造および生理が蒸発散に果たす役割に関する研究) 論文発表
博士論文
石崎安洋 Variation of stable water isotopes in precipitation over the Asia monsoon region with an atmospheric general circulation model (水同位体大循環モデルを用いたアジアモンスーン域における降水同位体比に関する研究) 論文発表
■ 2009年3月
修士論文
新田友子 ダム操作を考慮した日本域河川流量算定 論文発表中間
修士論文
山崎大 河道から氾濫原への洪水を考慮した全球河川流下モデルの開発 (Development of a Global River Routing Model Considering Inundation in Floodplains) <工学系研究科長賞><古市賞> 論文発表中間
修士論文
渡部哲史 気候モデルの出力特性を考慮した全球気候変動予測 (Global climate change projection focusing on the output bias of climate model) 論文発表中間
卒業論文 近藤剛 工業製品のWater Life Cycle Assessment<田辺賞> 論文発表中間
■ 2008年9月
修士論文
Alma SINOJMERI Impact of Landuse Changes on Nitrate Leaching Estimated by a Nitrogen Cycle model (窒素循環モデルによる土地利用変化が脱窒に及ぼす影響評価) 論文発表
修士論文
Yadu POKHREL Global Hydropower Potential: Assessment and Analysis of the Impact of Climate Change 論文発表
■ 2008年3月
修士論文
赤井朋子 地球寒冷化の影響評価 (The Impact Assessments of Global Cooling) 論文発表中間
修士論文
新井裕子 自然および社会的要因に着目した全球洪水リスク評価 (Establishment of a Global Flood Risk Index based on Natural and Social Factors) 論文発表中間
修士論文
内海信幸 日本全域の降水量分布推定 (A correction and interpolation scheme for irregularly distributed precipitation data on Japan) 論文発表中間
修士論文
児玉健 広域窒素負荷の統合的推定手法 (Integrated Estimation Method of Nitrogen Load at Large Scale) <工学系研究科長賞><古市賞> 論文発表中間
修士論文
中村晋一郎 高度経済成長期における都市河川廃止論
―36答申を対象として― (A Theory of the Abolition of Urban River in the High-Growth Era -A Case from 36’Report-)<古市賞>
論文発表中間
卒業論文 鈴木聡 テレコネクションパターンを利用した梅雨期の水資源変動予測 論文発表中間
卒業論文 簑島大悟 北京市における持続的地下水利用 論文発表中間
■ 2007年9月
博士論文
林梅云 Long-range Transport and Source-receptor Relationships of Acidifying Substances in East Asia(東アジアにおける酸性化物質の長距離輸送と排出―受容関係) 論文発表
■ 2007年3月
博士論文
山田朋人 Predictability of Precipitation Variability and the Role of Land-Atmosphere Interactions in Atmospheric General Circulation Models (大気大循環モデルを用いた降水変動の予測可能性と大気陸面相互作用の解明に関する研究) 論文発表
博士論文
NASIRI-SALEH Farzin Estimation of Available Freshwater Resources in Cold and Semi Arid Area by a Land Surface Model
(地表面モデルを用いた寒冷・乾燥域における淡水資源賦存量の推定)
論文発表
修士論文
碇大輔 陸面モデルと結合された現実的な河道流下モデルの開発 (Development of a River Flow Scheme Model Connected with Land Surface Model) 論文発表
修士論文
犬塚俊之 水の供給源に着目したヴァーチャルウォーター貿易の内訳 論文発表
修士論文
咲村隆人 水・エネルギー収支算定に基づく日本域洪水危険度推定手法の開発 論文発表
卒業論文 小野剛志 メソスケール気象モデルを用いた豪雨に対する都市の影響に関する研究 (Effects of Urbanization on Torrential Rainfall Evaluated by a Meso-Scale Atmospheric Model) 論文発表
卒業論文 山崎大 統計的手法を用いた降雪量推定手法の開発と地球温暖化実験結果に基づく降雪量の将来予測 (Projecting Future Snowfall Depth based on Global Warming Experiments with a New Statistical Algorithm) 論文発表
■ 2006年9月
博士論文
湯秋鴻 A Distributed Biosphere-Hydrological Model for Continental Scale River Basins
(大陸河川のための分布型生物圏水文モデルに関する研究)
論文発表
修士論文
趙在一 Relating Albedo and Roughness Length with Canopy Structure for Estimation of Evapotranspiration
(蒸発散量算定のための地表面反射率や粗度と植生構造の関係づけ)
論文発表
■ 2006年3月
博士論文
花崎直太 人間活動を考慮した全球水循環モデルの開発と世界の水資源の時間変 動の推定に関する研究 (Development of a global water cycle model considering anthropogenic activities and estimation of temporal variation in global water resources) 論文発表
修士論文
久保賢一 将来の農業需要を考慮したオガララ帯水層の持続可能性 論文発表
修士論文
小岩祐樹 陸面過程に着目した日本域河川流量予測システムの構築 (Development of a river discharge prediction system in Japan focusing on land surface processes) 論文発表
卒業論文 新井裕子 日本とタイにおける洪水予警報システムの現状と課題に関する研究 論文発表
卒業論文 内海信幸 温暖化シナリオに基づいた将来のグローバルな水需給アセスメント (東京大学農学部) 論文発表
卒業論文 児玉健 河川の汚濁指標としての窒素同位体比の利用可能性 論文発表
■ 2006年2月
博士論文
芳村圭 A study on Systems of the Global Hydrologic Cycles with Stable Water Isotopic Information (論文博士) 論文発表
■ 2005年3月
博士論文
Chusit Apirmanekul Application of Spatial and Temporal Downscaling of Monthly Gridded Rainfall to Daily Rainfall by Multifractal to Statistical Extreme Events 論文発表
修士論文 岡澤 毅  0.1度グリッド河道網を用いた日本域河川流量予測システムの開発 (Development of river discharge simulation system for Japan with 0.1 degree grid flow direction map)<古市賞> 論文発表
修士論文
小久保 武  統計的手法を用いた気候予測モデル出力値の高精度化 (Improving reproducibility of GCM outputs using statistical methods) 論文発表
修士論文
齊田 渉  地球温暖化に伴う降水生起確率の変化 論文発表
修士論文
高垣 佳永子  水安定同位体比のd値変動特性から読み解く大気水循環 (The study of atmospheric water circulation by d-excess of stable water isotope of precipitation) 論文発表
卒業論文
碇 大輔 分水嶺の由来 ―河川か分水嶺か 論文発表
■ 2004年3月
博士論文
平林 由希子 全球主要河川の極値流量長期変動に関する研究 論文発表
博士論文
Somchai Baimoung A study on estimation of sweet corn production using crop growth simulation model with satellite remote sensing and geographical information system techniques, in Nakhon Ratchasima province, Thailand (論文博士) 論文発表
修士論文
須賀 可人 施肥が河川水中の硝酸性窒素濃度に 及ぼす影響のグローバルな推定 論文発表
修士論文
山田 朋人 地表面過程や温室効果ガスの増加が降水変動特性に与える影響 論文発表
■ 2003年9月
博士論文
Chayanis Manusthiparom Hydroclimatic Prediction for Integrated Water Resources Management in the Chao Phraya River Basin in Thailand <総長賞> 論文発表
修士論文
Asif Aslam Water Budget Analysis in Massan Catchment of Indus River Basin (インダス川マッサン流域の水収支解析) 論文発表
修士論文
Nguyen Khoa Ho Nha An algorithmic approach for complex space-time problems at large scale 論文発表
■ 2003年3月
博士論文
瀬戸 心太 マイクロ波リモートセンシングによるグローバルな土壌水分量推定に関する研究 論文発表
博士論文
大楽 浩司 東南アジア熱帯山岳地帯における降水過程に関する研究 (Observation and numerical experiments of precipitation in a tropical mountainous region in Southeast Asia) 論文発表
修士論文
樫田 爽 東京における明治以来の時間降水特性<古市賞> 論文発表
修士論文
河村 愛 仮想投入水量を考慮した世界の水逼迫度の経年変化 (History of world water stress focusing on virtual required water transfer) 論文発表
修士論文
佐藤 未希 食料生産に必要な水資源の推定 (Estimation of Required Water Resources in Food Production) 論文発表
修士論文
谷口 親吾 衛星データ同化を用いた裸地における土壌水分量プロファイルの算定 論文発表
修士論文
花崎 直太 貯水池操作を考慮した全球河川流量シミュレーション (Global river discharge simulation with reservoir operation)<古市賞> 論文発表
修士論文
柳沢 宏之 日米中における都市用水需要の比較分析 論文発表
卒業論文
齊田 渉 降水データに対する最適空間内挿手法の検討 論文発表
■ 2002年9月
修士論文
芳村 圭 水の安定同位体比情報を利用した広域水循環過程の解明に関する研究 (A Study of Atmospheric Water Circulation Processes by applying Stable Isotopic Information)<古市賞> 論文発表
■ 2002年3月
修士論文
熊坂 和宏 Proposal for Equitable Water Allocation between Irrigation and Urban Use under Drought Condition: Angat River System in the Philippines (渇水時における灌漑・都市用水間の平等な水分配の提案 -フィリピン,アンガット川を事例として-) 論文発表
卒業論文
三宅 基文 日本を中心とした仮想水の輸出入 (Basic Study of Virtual Water Trade of Japan)<田辺賞> 論文発表
■ 2001年9月
博士論文
Assela Pathirana Fractal modeling of rainfall downscaling in time and space for hydrological applications 論文発表
博士論文
Mughal Habib-Ur-Rebman Regional scale soil erosion and sediment transport modelling 論文発表
■ 2001年3月
修士論文
猿橋 崇央 全球河川流路網モデルを用いた世界水資源評価 (Global Water Resource Assessment using Total Runoff Integrating Pathways) 論文発表
修士論文
平林 由希子 衛星観測表層土壌水分量による季節降水量予報精度の向上<古市賞> 論文発表
卒業論文
平岩 洋三 SD分析による今世紀のグローバルな水資源の持続可能性<田辺賞> 論文発表
▼ これ以前は、博士論文のみ
■ 2000年9月
博士論文
Shakil Ahmad Romshoo Determination of surface soil moisture using radar observations and scattering models
博士論文
Amila Silva Incorporating energy a d water budgets into evapotranspiration estimation in hydrological modeling
■ 1999年3月
博士論文
Dushmanta Dutta Distributed modeling of flood inundation and damage estimation
博士論文
鼎 信次郎 地域的気候システムにおける地表面水文過程と水資源変動に関する研究
■ 1998年9月
博士論文
Dawen Yang Distributed hydrologic model using hillslope discretization based on catchment area function development and applications
■ 1997年9月
博士論文
Jha Raghunath Development of distributed hydrological model incorporating surface flow interactions and its application to large tropical catchments


このページには、 2017年09月に 666 回のアクセスがありました。
2005年6月からの積算では 35974 回です。