home   |   access   |   link  


沖研究室メンバーリスト
※ メンバーへのe-mailは,アカウント名のあとに「@rainbow.iis.u-tokyo.ac.jp」を加えてください.
 
■ 教職員
役職
名前
研究テーマ
HP
アカウント
備考
教授
 沖大幹 グローバル水文学、世界の水資源、気候変動への適応策、千年持続学
taikan
国際連合大学 上級副学長 (国際連合 事務次長補)
准教授
 沖一雄 広域の水・生態・環境計測,流域の生態・環境モデリング,環境保全型流域圏の構築
kazu
 
准教授
 芳村圭 気候と水循環、同位体気象学、地表面過程、力学的ダウンスケーリング
kei
大気海洋研究所 気候システム研究系
特任講師
 木口雅司 モンスーン気候変動学, モンスーン域における気候学・気象学と大気陸面相互作用
kiguchi
環境研究総合推進費(S-10,S-14), SATREPS
特任講師
 吉兼隆生 大気水循環過程、人為的土地利用改変による気候、地球温暖化影響、放射性物質の輸送と水循環、古気候
 
yoshikat
 
助教
 Hyungjun KIM (金炯俊) 水文気候学,陸域水・エネルギー・生態系相互作用,モデル・データ結合及び不確実性評価
 
hjkim
 
特任助教
 内海信幸 豪雨の頻度及び強度を左右する要因に関する研究
utsumi
環境研究総合推進費S-8
特任助教
 新田友子 寒冷域の陸域水循環、大気陸面相互作用、陸面モデリング
 
nitta
 
役職
名前
研究テーマ
HP
アカウント
備考
受託研究員
 矢野伸二郎 水のライフサイクルアセスメント
 
yano
 
特任研究員
 大沼友貴彦  
 
onuma
 
特任研究員
 小野雄也 国際産業連関表を用いた環境負荷データベースの開発
 
onoyuya
S-14
特任研究員
 日比野研志  
 
khibino
 
非常勤特任研究員
 小池雅洋 水同位体比情報を用いた地表面水収支の解析
 
 
 
特任研究員
 黒澤綾子  
 
hnak
 
特任研究員
 塚田由紀  
 
tsuka
 
秘書
 野口素直  
 
 
 
■ 学生
学年
(*は秋入学)
名前
研究テーマ
URL
アカウント
備考
D3*  Salem Ibrahim SALEM 水質管理、リモートセンシング   salem エジプト出身
D2  佐谷茜 同位体領域モデルを用いた放射性物質の大気拡散過程の再現、降水データ同化   s.akane  
D2  鳩野美佐子 全球洪水リスク算定,大気陸面相互作用   hatono  
D2  吉田奈津妃 地下水を陽に考慮した平衡土壌水分量   yoshida  
D2  Sobhan AFRAZ 世界の水不足   sobhan イラン出身
D2*  Panduka NELUWALA 文献を用いた過去の気候復元   panduka スリランカ出身
D2*  Patchares CHACUTTRIKUL     puy タイ出身
D1  森山文晶 海洋結合モデルを用いた力学的ダウンスケーリング   moriyama 自然環境学専攻(新領域)
D1*  Xiaojun GUO     xiaojun 中国出身
D1*  Inna SYAFARINA     inna インドネシア出身
M2  瀧内拓磨 河川に対する窒素フットプリントの算出   takiuchi 水圏環境グループ
M2  徳田大輔 河道の凍結・融解を考慮した河川流下モデルの開発   daisuke 水圏環境グループ
M2  野本大輔 水の安定同位体を用いた豪雨時における広域水蒸気輸送過程に関する研究   nomoto 水圏環境グループ
M2  藪優太郎 日本全域における超高解像度実時間水文シミュレーションフレームワークの構築   yabu 水圏環境グループ
M2  横田邦興     yokota 水圏環境グループ
M2  Azariah AMADOR リモートセンシングと水文地質学   azariah ホンジュラス出身
M2*  Binal Chatura DISSANAYAKKE 夏季インドモンスーンの変動   chatura スリランカ出身
M1  石塚悠太 洪水予測、アンサンブルシミュレーション   yuta 水圏環境グループ
M1  板谷知明 気候モデルにおける力学的ダウンスケーリング手法をディープラーニングで代替する手法の開発   itaya 水圏環境グループ
M1  大森雅仁 再生可能エネルギーの普及が気候変動に及ぼす影響   omori 水圏環境グループ
M1  神谷秀明 ミクセル分解手法を用いた衛星画像による陸面解析   kamiya 水圏環境グループ
M1  土居遼太郎 マルチモデル手法を用いたシミュレーション不確実性の推定   doi 水圏環境グループ
M1  山縣聖 リモートセンシングと土壌水分   yamagata 水圏環境グループ
M1*  Tidar Bayu HERLAMBANG     tidar インドネシア出身
M1*  Mengyu LI     mengyu 中国出身
M1*  Sithija SIRIWARDHANA     sithija スリランカ出身
M1*  Rahul SREE VARIER     rahul インド出身
M1*  Xiaoya ZHANG     xiaoya 中国出身
B4  原田眞     n_harada 国際プロジェクト
B4  竹島滉 降雨流出過程と地形特性の関係   akira 水圏環境グループ
B4  兎澤知浩 物理的降雨流出過程を組み込んだグローバルな陸域モデルの開発   tozawa 国際プロジェクト
B4  野村実広     mihiro 教養学部学際科学科
■ 協力関係者
役職
名前
研究テーマ
URL
アカウント
備考
名誉教授
 虫明功臣  
 
  (財)河川環境管理財・c
研究担当
 小池俊雄 マイクロ波リモートセンシングによる表層土壌水分検出   東京大学大学院工学系研究科 教授
研究担当
 平林由希子 気候変動に伴う長期の水循環変化に関する研究   東京大学大学院工学系研究科 准教授
研究員
 鼎信次郎 地球水循環に関わる大規模数値シミュレーション
 
東京工業大学 教授
研究員
 瀬戸心太 電波水文学(水循環のマイクロ波モデリング)
 
長崎大学 准教授
研究員
 大楽浩司  
 
 
防災科学技術研究所
研究員
 仲江川敏之 土壌水分・積雪水当量の全球解析および気候変動への影響に関する研究     気象庁気象・、究所
研究員
 Srikantha A. HERATH       国連大学 教授
研究員
 楊大文       清華大学 教授
研究員
 伊坪徳宏 水を取り巻く世界の最新動向     東京都市大学環境情報学部 准教授
協力研究員
 石崎安洋 水同位体大循環モデルを用いた水循環に関する研究
 
 
気象庁気象研究所
協力研究員
 越田智喜 気象レーダーシステムを用いた短期降雨予測
 
いであ株式会社
協力研究員
 花崎直太 統合型の世界水循環・水資源モデルの拡張と改良
 
(独)国立環境研究所
協力研究員
 Bin HE (賀斌) 水質負荷源の推計を含めた広域水循環・物質循環モデルに関する研究
 
 
京都大学防災研究所
協力研究員
 山田朋人 大気陸面相互作用・降水変動の予測可能性
 
北海道大学
協力研究員
 田中幸夫 日本及びアジア・中東地域における流域水資源管理に関する研究
 
 
(独)国際協力機構
協力研究員
 山崎大 地表水の衛星観測を活用した全球河川氾濫原モデルによる大規模洪水の予測
 
海洋研究開発機構 研究員
協力研究員
 渡部哲史 地球水循環インフォマティクス
 
 
東京大学工学系研究科 助教
協力研究員
 村上道夫 ノンポイント汚染とその制御,化学物質等のリスク評価,水中化学物質の分析
 
 
福島県立医科大学 准教授
協力研究員
 市野美夏 天候データ同化手法の開発、データ解析
 
ichino
明治大学商学部 兼任講師
協力研究員
 小森大輔 マルチスケールでの水と物質・生態の循環の解明
 
 
東北大学 准教授
※ メンバーへのe-mailは,アカウント名のあとに「@rainbow.iis.u-tokyo.ac.jp」を加えてください.

このページには、 2017年03月に 403 回のアクセスがありました。
2005年6月からの積算では 65756 回です。