Mileage Makes Championship

Revised 01/28/05

Revised 2/17/07

 

HOME PAGE OF TOMOKI KOSHIDA

 

OkiKanae LABにおける目標

学位取得(その前に投稿論文作成)

夢は手を伸ばした1mm先にある

 

研究の風景

沖研のページに戻ります。

活動記録

マイクロレインレーダによる観測 マイクロレインレーダによる観測を始めました。昨日の目黒 今日駒場 過去10目黒

2003年の活動

2004年の活動

2005年の活動

2006年の活動

2007年の活動

2008年の活動

2009年の活動

2010年の活動

2011年の活動

2012年の活動

2013年の活動

 

Review

computer_tips

雑文

 

研究経歴

論文および口頭発表

------改訂暦

はっきり言って「甘い」!Revised 06/01/05

 

追い求めるのは決めたからだ。決めたからにはやるしかない。01/28/05

   3つ上の山隈さんの言葉

 

闘志無キ者ハ去レ11/03/05

   4つ下の稲原の言葉

 

水文学においては1mm10mmの違いは大きい 1/11/06

   鼎先生の言葉。全文は、「気象学にとって降水量0mm1mmの違いは大きいのでしょうが、水文学にとっては1mm10mmの違いはそれ以上に大きいのです」

 

失敗しても、4回転を飛びたい

トリノオリンピック女子フィギュアスケート代表、安藤美姫選手(中京大中京高)の言葉。この言葉は、決して調子のよくない中で、マスコミへのインタビューで語った言葉です。彼女は現時点での自分の目標を明確にし、競技に集中し、持てる力を出し切ったのだな、と、フリーの演技の後のインタビューで感じました。3/2’6

 

“根性でがんばる”では、あかんの違うか?

   4つ上の平田さんの言葉。練習後のミーティングでの発言。試合のとき、後半バテてくる。バテると、パフォーマンスが落ちる。そのときどうするか? 根性頼みではいけない。きちんと根拠のある対策が必要、ということ。5/27’6

 

努力をしない奴ほど甘える

酒井先生9/7()の日記より。原文は「努力をしない奴ほどずうずうしい。努力をしない奴ほど努力をしない」。猛省。日記を観察すると酒井先生は9/1’6にリジェクトされた論文を9/15’6に再投稿している。2週間くらいで修正しなくてはいけないのだ。10/1’6

 

“あなたには義務がある”

酒井先生「なか論」より。ただし、同じ言葉を、指導教官から言われたことがある。成果を出すこと。2/17’7

 

税金泥棒

「大学の研究室は税金で成り立っているので、研究室にいて論文を書かないのは税金泥棒です」9/4’7

 

“Nothing to lose”

H2年対抗コーチ、デービッド・クーシック氏の言葉。「君たちはレースに向かって真剣に取り組んだ。その結果、多くのものを得た。君たちが手にしたものが重要だ。レースの勝敗は、付け足しでしかない。」9/14’7

 

全てを賭けろ

ひとつ上の水谷さんの言葉。ラスト10本、スパート時のコール。12/2’7

 

“6年で成果0ですか?”

かつての指導教官の言葉。このままでは記録更新。1/19/08

 

気持ちでは負けない

FIFAワールドカップ日韓大会、日本代表FW、鈴木隆行選手の言葉。1/25/’8

 

君の発表なんて誰も聞かない

「私やLさんの名前があるから聞いてやろうと思うんです」いい加減な発表を戒めるための言葉。5/12/’8

 

相手が大先生でも思い切って質問する

「相手がどんな大先生でも、じゃんじゃん質問しなさい」木庭先生のブログから孫引き。どなたの言葉かは不明。7/8’8

 

3つあわせるとよい研究になる

「これまでなされた研究と同じことをやるのでは、研究とは呼べないし、2つ組み合わせるだけでは平凡である。しかし、既往の技術も3つあわせるとよい研究になる」木庭先生のブログから。7/14’8

 

“11000時間8年で8000時間練習した

元日本代表(元日本サッカー協会会長)川渕三郎氏のコメント。大野さんの番組から。仕事をして練習をするということはあたりまえということ。7/26’8

 

考え方を変える

楽天野村監督コメント。10/1’8

 

だますなどと口にするとは信念がなさ過ぎる

西村御大のお言葉。全文は「だまして漕手を漕がせる、などと口にするのは、コーチとして信念がなさ過ぎる」。10/26’8

 

お前は考えるな

Jr時代のコーチ、中田さんの言葉。11/26’8

 

論文は英語で書くんですよ

かつての指導教官の言葉。「日本語は科学に向きません。」英語の勉強が必要。12/10’8

 

結果がでなかったら、でるまでねばるんです

かつての指導教官の言葉。5/30’9

 

スターバックスには負けとれん

旧友の言葉。俺だったら「WRFには負けん」といったところ。8/20’9

 

自称雲物理学者

 

価値のない実験なんかはない

帝都大学湯川学准教授の言葉。ご存知ガリレオ先生。単行本40p9/26’9

 

生せは生る 成さねは生らぬ 何事も 生らぬは人の 生さぬ生けり

出羽国米沢藩の第9代藩主、上杉 鷹山 / 上杉 治憲(うえすぎ ようざん / うえすぎ はるのり)の言葉。鷹山は江戸時代中期の大名である。ハンプティダンプティお勧め。

 

論文を書けばいいんです

「博士号がほしければ、論文を書けばいいのであって、課程への進学はMUSTではありません。」かつての指導教官の言葉。2/10’10

 

さえ裏ダム

現代では予稿集といえども記録として残る。提出する前には細心の注意を払うこと。時間を置いてもう一度見直すこと。6/18’10

 

"努力賞はない

5つ下の木庭先生の言葉。

ただし、指導教官からは「努力してないでしょ?」と評価されている。成果が出ていない、ということは努力していない、と言うこと。8/14’10

 

ぼろぼろになるまでやったらどうだ

同期の河野の言葉。かっこつけてもよいが、全力で。8/26’10

 

どうしてZを見ない

指導教官が耿さんに言った言葉。ドップラ中心の解析であっても強度情報は大切。11/3’10

 

Publish OR Perish

岩坂先生の記念講演より。1/27’12

 

一割打者

山中教授の発言より。6/9’13

 

“無理しよう”

南波六太のセリフから。10/14’14

 

夢は手を伸ばした1mm先にある

秋元先生。7/2’16