PetersW_JGR_2005a Edit

Peters, W., J.B.Miller, J.Whitaker, A.S.Denning, A.Hirsch, M.C.Krol, D.Zupanski, L.Bruhwiler, and P.P.Tans, An ensemble data assimilation system to estimate CO2 surface fluxes from atmosphereic trace gas observations, JGR, 110, D24304, doi:10.1029/2005JD006157, 2005.

  • Category: Assimilation
  • Tool(s): Others
  • Summary: CO2フラックスの同化を試したはじめての論文(らしい)。
  • Read Date: 2006-08-01

Messages Edit

  • CO2フラックスの同化を試したはじめての論文(らしい)。
  • 観測されたCO2濃度がどこから来たのか、という逆問題を解く手がかりとして。
  • CO2濃度観測(2460個/年/全球)を使用(これもPseudoなのかもしれない?)。
  • 陸はSiB、海は気候値のCO2フラックスを観測値とする。(Pseudo)
  • TM5という全球Tracer Transport モデルを使う。
  • 同化システムはSEAT-Aという。

Details Edit

  1. TM5にイニシャルCO2濃度、Surface CO2 Flux、Atmospheric forcingsを入力し次のtime stepのCO2濃度を求める。
  2. そのCO2濃度を観測値と比較し、CO2フラックスを補正する。(EnKF)
  3. 補正したCO2フラックスを使ってさらに次のCO2濃度を求める。
  4. EnKFで補正する→繰り返し。

Question Edit

  • 数式がほとんど分からなかった。
  • "True flux"というのが分からない。"Pseudo data"以外にも何かがあるのか?同じデータをバックグラウンドと答え合わせに使用していたら、意味なくないか?
  • 観測のCO2濃度とPseudoのCO2 Fluxの間に不整合はないのか?だから同化させて、同じものと比較しているのかも知れないが…。

Memo Edit