<< 2011/4 >>
[Normal Diary]
SunMonTueWedThuFriSat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Tue, 05 April 2011

Tax Return 2010 Edit

東日本はいろいろ本当に大変な状況ですが、個人レベルでは日々の生活を取り戻しつつあります。そんな中、2010年のTax Returnを行いました。相変わらずTurbo Tax。今年は「去年のデータを引き継ぐのなら30ドルだけど?」といわれてYesにしてしまいました。Stateへの代金40ドルとあわせて70ドル也。こうやって囲い込んでじわじわ金を差し出させる戦略なのですね。だが、それで得られる便利さ(=時間)は大きい。

ま、いずれにせよ、これでTax Returnはしばらく終わりかなー。結局のところこの4年間、支払った税金はかなりの率で返ってきた気がする。懐でかいよ、合衆国。

category:Life author: kei at 2011-04-05 (Tue) 09:43:13

Mon, 24 January 2011

ILAMBメモ Edit

Day 1 Edit

  • Jim Randerson
    • Goals:
      • Develop benchmarks for LM performance with forcus on C-cycle, ecosystem surface energy, and hydrology.
      • Apply the benchmarks to global models
      • open source benchmarking software
      • strengthen
    • Why benchmarks
      • Appeal the community
      • Diagnose impacts
      • Guide IPCC
      • Increase datasets
      • Identify gaps
      • MIP
      • Provide Weight (ショートタームに偏らないように、ということは確認された)
    • ILAMBは、あらゆるMIPが使用可能なopen-source softwareを作る。
    • Deadlines: July 2012 for AR5WG1
    • CDIAC / ORNL DAAC / LP DAAC / GMD / NEON
      • Fluxnet Transcom
    • ILAMB Carbon, ILAMB Land use change, ILAMB hydrology
    • Either coupled or un-coupled.
  • Peter friedlingstein
    • history. 5 DGVMs in ENSEMBLES. C-LAMP, CCMAP, C4MIP.
    • Randerson et al GCB 2009, Cadule et al 2010 (C4MIP).
    • for AR5, evaluation (P. Cox), C-cycle (P. Ciais, C. Jones, S. Piao, V. Brovkin), and Future projection (P. Friedlingstein) chapters.
    • GCP, 2010 Budget(?), RECCAP, TRENDY
    • In ENSEMBLES: fluxnet, river discharge, FAPAR, CO2 (JULES, LPJs, ORCHEEDEE)
  • Eleanor Blyth CEH (JULES)
    • PILPS, GSWP, WATCH
    • soil drying
    • partitioning evaporation - how can we measure these?
  • Forrest Hoffman, Oak Ridge National Lab., Carbon-Land Model Intercomparison Project
    • CLM3-CASA' (Fung), CLM3-CN (Thornton)
    • www.climatemodeling.org/c-lamp
    • PCMDIにも格納。coupledランは、HadSSTをもちいたAMIP。
    • ILAMBのプロトタイプにしたい。
    • scoreは、データのバージョンにも依存する。
    • score時に、variable同士の依存性も考慮すべき。その関係性を評価することがCMIP実験では重要。
    • だれか不明だが(多分WATCH関係者)、GSWP3について言及。100-yr 0.5-degree forcing data for LSM
    • ILAMB softwareに、どのforcingを使ったかは関係ない
  • Gab Abramowitz, PALS
    • http://pals.unsw.edu.au
    • データとモデル出力の両方をUpload。
    • google financeのグラフアプリを利用したい。
    • 基本的にFluxnet用。
    • Aerosolモデルの比較のページもあるよ。(CEOPの品質管理サイトにも似てる)
  • NikとDiscussion
    • 前半と後半で様相が結構異なる。(20C Reanによるものか)
    • Oregon沖でDJFd18OとSSTに負の相関。その信憑性はどうか。
    • シミュレーションが止まることがある。
  • Afternoon discussion
    • site-based: fluxnet(CO2, latent heat)
    • large scale: CO2 conc., Riverflow
    • remotely sensed: fAPAR, Tsfc, height, albedo, burned area, soil moisture, snowcover/depth,
  • Peter Thornton ORNL
    • NACPの話。MATSIROはおろか、SimCycleなんかもない。IsoLSMはある。
  • Silvia Kloster, Burned area
    • GFEDv3
  • Miguel Mahecha MPI

Day2 Edit

  • Markus Reichstein, MPI, Fluxnet
    • http://www.fluxdata.org/
    • gridded product vs site-level product; scale issue
    • よくまとめられたな、という感想。関係者の人数が異常。
  • Mac Post, ORNL, Soil data
    • Upgrade of HWSD with existing US, Canada, Aust databases
    • SOTER: Soil and Terrain Database
    • http://code.google.com/p/srdb/
    • Global Littermass and Litterfall Database: Also has nutrient measurements
  • Philip Ciais, LSCE, Model evaluation, satellite.
    • Satellite datasets can differentiate model output, but data errors to be accounted for.
    • Ecological databases need careful protocols because of age effects.
  • 午後は別の打ち合わせ@SIOのため早退。

Day 3 Edit

  • Etsushi Kato JAMSTEC, LUC
    • Houghton 2003がベースだが、多数のリビジョンがある。
    • Integrated Assessment Models (IAM) create land use, harvest, bioenergy maps based on RCP scenarios.
    • VISITを使ってオフライン計算し、RCPから与えられているEmissionと比較。(?)
    • RCP3とRCP8.5がわりと似てる。
    • VISITとSEIBの関係がわからない。。。オフライン計算とESM計算の違いは?
    • 20C3Mでのラインの違いはなぜ?
      • ESMはRCPのCO2濃度とLand Useが使われている?
    • ”Harvested wood”を出力すべき?
  • Elena Shevliakova
    • Why worry about Land Use?
      • LU C flux esitmates are required for
    • Emission driven ESM
    • Observations: National wood harvests, crops harvested, deforestation rates, areas of crops, pastures, biomass accumulation, ...
    • George Hurtt et al., 2009がcommon dataset for historic and future.
    • Inconsistency between ESM-generated LU emissions vs externally prescribed
  • Chris Jones, CARBONES; 20-year carbon reanalysis
  • Break-up session on metric components
    • Hydrology and Energyに参加。RiverflowにSeasonalを入れない、というのはどうかと思ったが、Human interventionがあるから、という理由もわかるので了承。他はまっとうに最低限、という感じ。
    • 新たなランを強制しない、すでにあるランのBenchmarkingができることが最重要。
      • river flow
      • global runoff from ocean balance (lower priority)
      • albedo
      • soil moisture/wetness
      • column water (GRACE)
      • snow cover
      • snow depth / SWE
      • Tair and Precip --> Fluxnet
      • lE and H; cost function incorporated
    • Fluxnet
      • NEE, GPP, Re, H, lE
      • fAPAR, P, T, vegetation map
      • site-to-site; LAI, NPP, C stocks, soil moisture, soil respiration
    • ecosystem group
      • SoilC
      • Litter C
      • Soil respiration
      • fAPAR
      • NDVI
      • Biomass+Change
      • Canopy height
      • NPP
      • WUE
    • Vegetation group
      • MODIS vegetation (Hansen et al.)
      • GFEDv3 burning area
  • Michael Prather, UC
    • Chapter 12のLA。Annexも担当?
  • Discussion on software design
    • Rを使う
    • Private Modeとして、各自のシステムにインストールしてモデル評価・開発に用いる。Public Modeとして、CMIP5のモデルの一気評価に用いる。
    • Data使用のパーミッションは?Aknowledgment systemで対応
  • ESSのセミナー発表のため退席。特に荒れることなくあっさり終了。
category:Meeting author: kei at 2011-02-10 (Thu) 17:12:34
Sun, 23 January 2011

ILAMB Edit

ILAMBのミーティングに参加。1/24-26まで。 http://www.ilamb.org/

category:Meeting author: kei at 2011-01-23 (Sun) 22:28:56
Mon, 13 December 2010

AGU FM2010 Edit

AGUに参加。

category:Meeting author: kei at 2010-12-03 (Fri) 15:46:23
Wed, 01 December 2010

もう12月。 Edit

5月の終わりに帰国して、はや半年が過ぎたことになります。時間のスピードが本気で恐ろしい。はじめの数か月は生活のセットアップに消え、それからもなかなか思うように研究がはかどらない日々でしたが、今日ようやく一つ論文が仕上がりました。ふう。この勢いでもう一個にとりかかっちゃおう。

category:Life author: kei at 2010-12-02 (Thu) 10:25:11
Wed, 24 November 2010

いまさらだけどホームページ移行完了。 Edit

CCSRのWebサーバでPHPが使えなかったので移行をサボっていたマイホームページですが、スクリプス気候のWebサーバ更新に伴って、向こうでも不具合が出だしたので、生研Webサーバに移しました。手順はいたって簡単で、

  1. 先方のhttpディレクトリをTarballにする。
  2. こっちにて解凍。
  3. access attach backup cache counter diff image lib plugin wiki.bk wiki.en wiki.ja のownerをwww(要はapacheを動かすユーザー)に変える。

で終了。ただし、chownするのでルート権限が必要。あとは、アクセス解析ツールを多少いじる必要はあったけども。

category:Other author: kei at 2010-11-24 (Wed) 13:55:08