<< 2011/1 >>
[Normal Diary]
SunMonTueWedThuFriSat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Mon, 24 January 2011

ILAMBメモ Edit

Day 1 Edit

  • Jim Randerson
    • Goals:
      • Develop benchmarks for LM performance with forcus on C-cycle, ecosystem surface energy, and hydrology.
      • Apply the benchmarks to global models
      • open source benchmarking software
      • strengthen
    • Why benchmarks
      • Appeal the community
      • Diagnose impacts
      • Guide IPCC
      • Increase datasets
      • Identify gaps
      • MIP
      • Provide Weight (ショートタームに偏らないように、ということは確認された)
    • ILAMBは、あらゆるMIPが使用可能なopen-source softwareを作る。
    • Deadlines: July 2012 for AR5WG1
    • CDIAC / ORNL DAAC / LP DAAC / GMD / NEON
      • Fluxnet Transcom
    • ILAMB Carbon, ILAMB Land use change, ILAMB hydrology
    • Either coupled or un-coupled.
  • Peter friedlingstein
    • history. 5 DGVMs in ENSEMBLES. C-LAMP, CCMAP, C4MIP.
    • Randerson et al GCB 2009, Cadule et al 2010 (C4MIP).
    • for AR5, evaluation (P. Cox), C-cycle (P. Ciais, C. Jones, S. Piao, V. Brovkin), and Future projection (P. Friedlingstein) chapters.
    • GCP, 2010 Budget(?), RECCAP, TRENDY
    • In ENSEMBLES: fluxnet, river discharge, FAPAR, CO2 (JULES, LPJs, ORCHEEDEE)
  • Eleanor Blyth CEH (JULES)
    • PILPS, GSWP, WATCH
    • soil drying
    • partitioning evaporation - how can we measure these?
  • Forrest Hoffman, Oak Ridge National Lab., Carbon-Land Model Intercomparison Project
    • CLM3-CASA' (Fung), CLM3-CN (Thornton)
    • www.climatemodeling.org/c-lamp
    • PCMDIにも格納。coupledランは、HadSSTをもちいたAMIP。
    • ILAMBのプロトタイプにしたい。
    • scoreは、データのバージョンにも依存する。
    • score時に、variable同士の依存性も考慮すべき。その関係性を評価することがCMIP実験では重要。
    • だれか不明だが(多分WATCH関係者)、GSWP3について言及。100-yr 0.5-degree forcing data for LSM
    • ILAMB softwareに、どのforcingを使ったかは関係ない
  • Gab Abramowitz, PALS
    • http://pals.unsw.edu.au
    • データとモデル出力の両方をUpload。
    • google financeのグラフアプリを利用したい。
    • 基本的にFluxnet用。
    • Aerosolモデルの比較のページもあるよ。(CEOPの品質管理サイトにも似てる)
  • NikとDiscussion
    • 前半と後半で様相が結構異なる。(20C Reanによるものか)
    • Oregon沖でDJFd18OとSSTに負の相関。その信憑性はどうか。
    • シミュレーションが止まることがある。
  • Afternoon discussion
    • site-based: fluxnet(CO2, latent heat)
    • large scale: CO2 conc., Riverflow
    • remotely sensed: fAPAR, Tsfc, height, albedo, burned area, soil moisture, snowcover/depth,
  • Peter Thornton ORNL
    • NACPの話。MATSIROはおろか、SimCycleなんかもない。IsoLSMはある。
  • Silvia Kloster, Burned area
    • GFEDv3
  • Miguel Mahecha MPI

Day2 Edit

  • Markus Reichstein, MPI, Fluxnet
    • http://www.fluxdata.org/
    • gridded product vs site-level product; scale issue
    • よくまとめられたな、という感想。関係者の人数が異常。
  • Mac Post, ORNL, Soil data
    • Upgrade of HWSD with existing US, Canada, Aust databases
    • SOTER: Soil and Terrain Database
    • http://code.google.com/p/srdb/
    • Global Littermass and Litterfall Database: Also has nutrient measurements
  • Philip Ciais, LSCE, Model evaluation, satellite.
    • Satellite datasets can differentiate model output, but data errors to be accounted for.
    • Ecological databases need careful protocols because of age effects.
  • 午後は別の打ち合わせ@SIOのため早退。

Day 3 Edit

  • Etsushi Kato JAMSTEC, LUC
    • Houghton 2003がベースだが、多数のリビジョンがある。
    • Integrated Assessment Models (IAM) create land use, harvest, bioenergy maps based on RCP scenarios.
    • VISITを使ってオフライン計算し、RCPから与えられているEmissionと比較。(?)
    • RCP3とRCP8.5がわりと似てる。
    • VISITとSEIBの関係がわからない。。。オフライン計算とESM計算の違いは?
    • 20C3Mでのラインの違いはなぜ?
      • ESMはRCPのCO2濃度とLand Useが使われている?
    • ”Harvested wood”を出力すべき?
  • Elena Shevliakova
    • Why worry about Land Use?
      • LU C flux esitmates are required for
    • Emission driven ESM
    • Observations: National wood harvests, crops harvested, deforestation rates, areas of crops, pastures, biomass accumulation, ...
    • George Hurtt et al., 2009がcommon dataset for historic and future.
    • Inconsistency between ESM-generated LU emissions vs externally prescribed
  • Chris Jones, CARBONES; 20-year carbon reanalysis
  • Break-up session on metric components
    • Hydrology and Energyに参加。RiverflowにSeasonalを入れない、というのはどうかと思ったが、Human interventionがあるから、という理由もわかるので了承。他はまっとうに最低限、という感じ。
    • 新たなランを強制しない、すでにあるランのBenchmarkingができることが最重要。
      • river flow
      • global runoff from ocean balance (lower priority)
      • albedo
      • soil moisture/wetness
      • column water (GRACE)
      • snow cover
      • snow depth / SWE
      • Tair and Precip --> Fluxnet
      • lE and H; cost function incorporated
    • Fluxnet
      • NEE, GPP, Re, H, lE
      • fAPAR, P, T, vegetation map
      • site-to-site; LAI, NPP, C stocks, soil moisture, soil respiration
    • ecosystem group
      • SoilC
      • Litter C
      • Soil respiration
      • fAPAR
      • NDVI
      • Biomass+Change
      • Canopy height
      • NPP
      • WUE
    • Vegetation group
      • MODIS vegetation (Hansen et al.)
      • GFEDv3 burning area
  • Michael Prather, UC
    • Chapter 12のLA。Annexも担当?
  • Discussion on software design
    • Rを使う
    • Private Modeとして、各自のシステムにインストールしてモデル評価・開発に用いる。Public Modeとして、CMIP5のモデルの一気評価に用いる。
    • Data使用のパーミッションは?Aknowledgment systemで対応
  • ESSのセミナー発表のため退席。特に荒れることなくあっさり終了。
category:Meeting author: kei at 2011-02-10 (Thu) 17:12:34
Sun, 23 January 2011

ILAMB Edit

ILAMBのミーティングに参加。1/24-26まで。 http://www.ilamb.org/

category:Meeting author: kei at 2011-01-23 (Sun) 22:28:56
Mon, 13 December 2010

AGU FM2010 Edit

AGUに参加。

category:Meeting author: kei at 2010-12-03 (Fri) 15:46:23
Wed, 01 December 2010

もう12月。 Edit

5月の終わりに帰国して、はや半年が過ぎたことになります。時間のスピードが本気で恐ろしい。はじめの数か月は生活のセットアップに消え、それからもなかなか思うように研究がはかどらない日々でしたが、今日ようやく一つ論文が仕上がりました。ふう。この勢いでもう一個にとりかかっちゃおう。

category:Life author: kei at 2010-12-02 (Thu) 10:25:11
Wed, 24 November 2010

いまさらだけどホームページ移行完了。 Edit

CCSRのWebサーバでPHPが使えなかったので移行をサボっていたマイホームページですが、スクリプス気候のWebサーバ更新に伴って、向こうでも不具合が出だしたので、生研Webサーバに移しました。手順はいたって簡単で、

  1. 先方のhttpディレクトリをTarballにする。
  2. こっちにて解凍。
  3. access attach backup cache counter diff image lib plugin wiki.bk wiki.en wiki.ja のownerをwww(要はapacheを動かすユーザー)に変える。

で終了。ただし、chownするのでルート権限が必要。あとは、アクセス解析ツールを多少いじる必要はあったけども。

category:Other author: kei at 2010-11-24 (Wed) 13:55:08
Fri, 05 November 2010

ACREまとめ Edit

Atmospheric Circulation Reconstructions over the Earth (ACRE) Meetingのまとめ。正直こっちのほうが面白かった。東インド会社のログブックからの気温復元とか、熱すぎる。

  • Reanalysis会議から会場を一回り小さくして開始。
  • 船ログの解読をはじめ、あらゆる観測データを収集するプロジェクト。ACRE Chile, Pacific (NZ), India, Mediterranean, Africa, Chinaがある。日本はない。
  • Dick Dee。ERAの壮大な計画が判明。すごいよ、ECMWF。自分たちがひっぱる、という信念を感じるなあ。いわく、どんな観測もそのうち再解析に投入されるようになるから継続してがんばれ、とのこと。
  • Russ Vose。ISPDとGHCN。観測データの収集。1900年ごろには日本のデータが皆無。あると思うけどなー。毎週すべてのデータをパッケージしなおして、新たなコードを振ってすべて保存している。論文には使ったデータのバージョンを載せましょう。
  • Scott Woodruff。ICOADSとRECRAIM。これまた素晴らしい。船ログを収集。1662以降。東インド会社。
  • Paleo ReanalysisについてR. Seagerなどが中心に議論。現在の手法とは別の手法を使えば、何らかのプロダクトはできるだろう。
  • 自分の発表はまずまず。Seagerからサンゴのdatingについて質問。何人かから面白かったといわれた。
  • そのSeagerの発表は、1930年代のDustBowlと1890年代のDrought。1930年代のは大体理解されたが、1890年代のほうは不明。
  • 1925/3/18に起きたトルネードの再現実験。20CRを境界条件にして5層ネスト。
  • Google Earthに20CRを乗っけて見れるようにしている。
  • Old Weather。Wikipediaのように、ボランティアベースで航海記録をTranscript化する。すごい面白い取り組み。http://www.oldweather.org/ 天文にもある(Zooniverseと)。
  • 高校生の女の子の発表。Philadelphiaでの5年くらいの平均気温を18世紀のcitizen scientistのログブックからtranscribeした。21世紀の気候値と最大4-5度C上がっている。夏の方が上昇が大きい。ログブックはNOAAのJohn Buchananがscanしたもの。ログブックの読み方に慣れるのには時間がかかったもよう。
  • Climate Database Modernization Program (CDMP, 2000-)の取り組み。20M USD, 97 projects, 14 TB digitized。古い衛星画像も扱う。
  • Sitka observatory (Nowo Archangelsk) in Alaskaでのデータはかなり貴重。SiRCAに使われる。
  • 東インド会社の航海記録。1804年にピーク。
  • Accumulated Cyclone Energy (ACE)とENSOの相関が今世紀に入ってなくなりつつある。ACE自体も減少傾向?
category:Meeting author: kei at 2010-11-05 (Fri) 06:54:49