Seminar Report Edit

Edwin Gerber (Columbia Univ.)によるセミナー。"Stratosphere-troposphere coupling in a relatively simple AGCM: The Importance of Stratospheric Variability"。

成層圏の活動が、対流圏の比較的長いスケール(20日から年々)の活動に影響する、ということをシンプルなモデルを使って示した、という内容。アメリカでは2月2日をGroundhog Dayといって、春の訪れを占うらしいが(参考)、そのなぞに迫ろう、というイントロ。かなり受けてた。(結論にはあんまり関係なかったが)

地形があると成層圏と対流圏の相互影響は活発になる。また、成層圏の突然昇温は下層の対流圏に影響を及ぼす。

category:Seminar author: kei at 2008-03-19 (Wed) 17:46:37

#comment2_kcaptcha