査読が返ってきた。 Edit

Monthly Weather Reviewに出した全球ダウンスケールに関する論文が、ちょうど2ヶ月で査読されて返ってきた。予想よりだいぶはやかったが、何とか無事Rejectは回避したらしく、ほっと一息。自信はそこそこあっても、いつもドキドキだ。特に今回は、新分野に初挑戦だったし。

査読者は二名で、両方Major Revisionなのだが、内容全般については価値を認めていてだいぶPositiveな感じだった。ありがたし。Majorとはいいつつも、そんな激しいコメントはなかったので、まあ良かったです。

金光さんと相談して、いくつか追加計算をしよう、ということになった。がんばろう。

category:Research author: kei at 2007-08-08 (Wed) 12:42:18

#comment2_kcaptcha