Welcome to Kei Yoshimura's Page Edit

 Happy 2009!!

芳村研に進学希望の方は、まずこちらをご覧ください。

研究室の紹介ポスターはこちら

See here for Advanced Hydrology class in 2013

Kei YOSHIMURA PhD is

an Associate Professor at Atmosphere and Ocean Research Institute (AORI) and Institute of Industrial Science (IIS) in University of Tokyo.

Also a Visiting Scholar at Scripps Institution of Oceanography (SIO) and JAMSTEC.

Please E-mail me! (keiyoshi08[at]gmail.com [at]=@)

Researcher ID

News Edit

 Title page
  • 新領域自然環境学専攻の入試説明会は、以下の通りです。5月28日の分には芳村が出席予定です。事前登録不要です。
    • 5/8 (日)@ 東京大学弥生キャンパス 一条ホール 14:00~(予定)
    • 5/21(土)@ 東京大学柏キャンパス 環境棟5階講義室 14:00~(予定)
    • 5/28(土)@ 東京大学柏キャンパス 環境棟5階講義室 12:30~(予定) -- 2016-04-10 (Sun) 23:08:06
  • 2016年5月21日(土)13:00から、本郷キャンパス工学部1号館15講義室にて社会基盤学専攻の入試説明会が開催されます。芳村出席予定です。4月中旬くらいからオンライン事前登録が始まるようです。http://www.civil.t.u-tokyo.ac.jp/news_archive/1447/ -- 2016-04-10 (Sun) 23:00:16
  • 新年度になりました。芳村の本務が生産技術研究所に、兼務が大気海洋研究所になりました(これまでと逆)。岡崎君・魏君が博士号を取って卒業し、新天地に飛び立って行きました。ニューカマー(新領域D1)として、横国大から森山君が正式に加入しました。石塚君が無事社基M1に上がりました。その他のM1やB4の配属は未定です。誰がやってくるのか、楽しみです。 -- 2016-04-10 (Sun) 22:56:28
  • 当研究室M1の野本大輔君が先日開催された2015 年度日本水文科学会学術大会にて、優秀発表賞を受賞しました。おめでとうございます!!研究題目は「目黒区で観測された高d-excess降水イベントの解析」で、水文学特論のタームプロジェクトから発展した研究でもあります。メンターの木口さん、田上君の活躍も光りました。 -- 2015-10-22 (Thu) 16:52:09
  • 2015年9月10日発生した鬼怒川洪水関連情報と調査報告書を公開中です。http://hydro.iis.u-tokyo.ac.jp/Mulabo/news/2015/KinugawaFlood2015.html ご意見・ご質問なんでもお寄せいただけると幸いです。 -- 2015-09-14 (Mon) 23:36:50

All News

Updates Edit

  • [Site Moved] The website was transferred from Scripps to IIS. -- 2010-11-24 (Wed) 13:16:00
  • [AccessAnalysis] ClustrMaps installed. See the very bottom of menu. -- 2009-03-13 (Fri) 12:03:52
  • [AccessAnalysis] BBClone installed. See here -- 2007-11-04 (Sun) 11:28:03
  • [Pukiwiki] includex.inc.php installed. First 10 lines for News and Updateare shown in the top page. -- 2007-11-02 (Fri) 22:37:51
  • [AntiSpam] Another CAPTCHA filter is installed. -- 2007-08-15 (Wed) 20:10:49
  • [CV] Selected presentations are updated. -- 2007-08-07 (Tue) 11:18:52
  • [AntiSpam] Anti-spam filter is introduced. If not work, please tell me. -- 2007-06-19 (Tue) 02:07:32
  • [Pukiwiki] Memo on pcomment and attach plugins -- 2007-06-08 (Fri) 09:29:23

All Updates

Scientific Interests (as of Jan 2009) Edit

My scientific interests are as follows:

  1. Study on processes of the stable water isotopes (D and 18O) circulation
  2. Dynamical downscaling
  3. Data assimilation
  4. Study on terrestrial hydrologic cycles (river and land surface models)
  5. Biogeochemical cycle (particularly CO2, 13C, and 18O)

Details are appeared at research

Contents Edit

Normal Diary Edit

<< 2016/6 >>
[Normal Diary]
SunMonTueWedThuFriSat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Wed, 20 March 2013

Climate2013 Memo Edit

  • Lawrence Berkeley National Lab.
  • Located at mountain behind UCB.

Exa computing Edit

  • Sumi
    • 15th conference
  • Horst Simon (LBNL)
    • Hopper -> Edison (>2PFlops)
    • Aiming "Carbon Cycle 2.0" in 2100: 7.5MtC/PWh
      • Previously Carbon Cycle 1.x (2012AD): 60MtC/PWh
    • iESM and AmeriFlux
  • Tomita (Riken)
    • 4 machine types: General, Capacity-Bandwidth, Reduced Memory, Through-Put
    • アプリサイドのニーズには届かない見込み(ギャップは3-5倍)
    • 製薬・防災・エネルギー環境・経済・その他(宇宙・地球・物理など)
  • Michael Wehner: High resolution climate modeling
    • 久々。
    • 25km CAM5.1 → TCやハリケーンの再現性が向上。ただし、地域による違いや年々変動(特に近年)はまだまだ。
    • SST+2KえCat5は増加する(弱いのは減少)。低解像度実験とは異なる結果。
  • Yoshio Oyanagi (Kobe)
    • 京のあらまし。
  • John Shalf (LBNL)
    • Exaはハードウェアだけの問題ではない。
    • Dataの輸送がボトルネックとなる。(?)

Big data Edit

  • Shuichi Iwata (UT)
    • 1 million scientific papers in a year
  • Wes Bethel (LBNL, visualization group)
  • Jitendra Kumar (Oak Ridge NL)
    • Data mining of CMIP
  • Prabhat (LBNL)

Climate Prediction Edit

  • Tom Delworth (GFDL)
    • CM2.6 high-res ocean makes better climate prediction.
  • Malcolm Roberts (MOHC)
    • 解像度依存の問題をいろんな角度からチェック。
    • ローカルリサイクリングの解像度依存(60kmくらいから収束):高解像の方がリサイクリングが弱い
    • TCはN1024(12km)でもまだ。
    • キネティックエネルギースペクトルの傾きが小さくなることについては、N1024の収束成分はまずまず。(トータルはまだ)
  • Gokhan Danabasoglu (NCAR)
    • CORE-IIから10年ラン。そのままだと全然ダメ。バイアス除去してからやると結構良い。
    • 1991からのSAT上昇予測は初期条件による。
  • Daniela Matei(MPI)
    • ECHAM6結合実験の低解像度高解像度比較
    • Predictability改良する。
  • Tatebe
    • LETKF
  • Daithi Stone (LBNL) C20C detection and attribution
    • http://portal.nersc.gov/c20c/
    • Okavango flooding
    • 基本的に近年。Natを何パターンかして、Histランと比較する、というのはいつもどおり(というかこちらが本家??)。
  • Imada
    • D&A of 2010 Russian Heat wave, Pakistan flood, Amazon drought & 2012 Japan flood.
    • Attributabilityは順に、Yes, No, Yes, No。結局Reproducibilityの違い?
    • Counterfactual
    • パキスタンでは、年々変動の再現性は悪いが、2010年についてはうまくいっている。なぜ?

2日目 Edit

  • Jin Lee (ESRL)
    • Nonhydrostatic Icosahedral Model (NIM)
    • GPU使う。将来的にNCEP GFSの後継。
    • Physicsはそのまま。Radiation計算などはネックとなるかも。
    • Multiple GPUはまだ。
  • Wedi(ECMWF)
    • T7999(2.5km)まで
    • 来年はT2047L137
    • Wedi et al, MonWeaRev 2013
    • Fast Legendre Transform (FLT)!!
      • はじめにルックアップマトリクスを作るらしい。
    • Hydrostatic
  • Nishizawa (RIKEN)
    • Common Library
    • isotropic grid
    • コールドバブルテスト:1.5mグリッドだとフラクタル的な渦が発生して、全体の形が崩れる。
  • Yashiro (JAMSTEC)
    • 400m Champion run
    • ストロングスケーリング(same problem size for all nodes)とウィークスケーリング(same problem size per node)
  • William Skamarock (NCAR) MPAS
    • Hexagonal sttugard Cgrid
  • Sawada
    • NICAM performance
  • Kohei Kawano (JMA/MRI)
    • NHM -> ASUCA; More stable, conservative, and efficient.
    • No diffusion
  • Kengo Nakajima (SCC, UTokyo)
    • Hybrid Parallel Programming Moel, Flat MPI is not realistic for exascale application.
  • Mark Taylor (Sandia National Labs): CESM Atmosphere Model (CAM)
    • Finite Volume (FV)からSpectral Element (SE)へ。
    • キュービックグリッド。
  • Yuki Nishikawa (AORI)
    • Cut-sellからThin wall method for better representation of complicated topography
    • Advection formからFlux formへ。
    • 「Can you combilne the terrain following and thin wall method?」
&size(10)\{category:Meeting author: kei at 2013-04-08 (Mon) 10:08:29};

Tue, 05 April 2011

Tax Return 2010 Edit

東日本はいろいろ本当に大変な状況ですが、個人レベルでは日々の生活を取り戻しつつあります。そんな中、2010年のTax Returnを行いました。相変わらずTurbo Tax。今年は「去年のデータを引き継ぐのなら30ドルだけど?」といわれてYesにしてしまいました。Stateへの代金40ドルとあわせて70ドル也。こうやって囲い込んでじわじわ金を差し出させる戦略なのですね。だが、それで得られる便利さ(=時間)は大きい。

ま、いずれにせよ、これでTax Returnはしばらく終わりかなー。結局のところこの4年間、支払った税金はかなりの率で返ってきた気がする。懐でかいよ、合衆国。

category:Life author: kei at 2011-04-05 (Tue) 09:43:13
Mon, 24 January 2011

ILAMBメモ Edit

Day 1 Edit

  • Jim Randerson
    • Goals:
      • Develop benchmarks for LM performance with forcus on C-cycle, ecosystem surface energy, and hydrology.
      • Apply the benchmarks to global models
      • open source benchmarking software
      • strengthen
    • Why benchmarks
      • Appeal the community
      • Diagnose impacts
      • Guide IPCC
      • Increase datasets
      • Identify gaps
      • MIP
      • Provide Weight (ショートタームに偏らないように、ということは確認された)
    • ILAMBは、あらゆるMIPが使用可能なopen-source softwareを作る。
    • Deadlines: July 2012 for AR5WG1
    • CDIAC / ORNL DAAC / LP DAAC / GMD / NEON
      • Fluxnet Transcom
    • ILAMB Carbon, ILAMB Land use change, ILAMB hydrology
    • Either coupled or un-coupled.
  • Peter friedlingstein
    • history. 5 DGVMs in ENSEMBLES. C-LAMP, CCMAP, C4MIP.
    • Randerson et al GCB 2009, Cadule et al 2010 (C4MIP).
    • for AR5, evaluation (P. Cox), C-cycle (P. Ciais, C. Jones, S. Piao, V. Brovkin), and Future projection (P. Friedlingstein) chapters.
    • GCP, 2010 Budget(?), RECCAP, TRENDY
    • In ENSEMBLES: fluxnet, river discharge, FAPAR, CO2 (JULES, LPJs, ORCHEEDEE)
  • Eleanor Blyth CEH (JULES)
    • PILPS, GSWP, WATCH
    • soil drying
    • partitioning evaporation - how can we measure these?
  • Forrest Hoffman, Oak Ridge National Lab., Carbon-Land Model Intercomparison Project
    • CLM3-CASA' (Fung), CLM3-CN (Thornton)
    • www.climatemodeling.org/c-lamp
    • PCMDIにも格納。coupledランは、HadSSTをもちいたAMIP。
    • ILAMBのプロトタイプにしたい。
    • scoreは、データのバージョンにも依存する。
    • score時に、variable同士の依存性も考慮すべき。その関係性を評価することがCMIP実験では重要。
    • だれか不明だが(多分WATCH関係者)、GSWP3について言及。100-yr 0.5-degree forcing data for LSM
    • ILAMB softwareに、どのforcingを使ったかは関係ない
  • Gab Abramowitz, PALS
    • http://pals.unsw.edu.au
    • データとモデル出力の両方をUpload。
    • google financeのグラフアプリを利用したい。
    • 基本的にFluxnet用。
    • Aerosolモデルの比較のページもあるよ。(CEOPの品質管理サイトにも似てる)
  • NikとDiscussion
    • 前半と後半で様相が結構異なる。(20C Reanによるものか)
    • Oregon沖でDJFd18OとSSTに負の相関。その信憑性はどうか。
    • シミュレーションが止まることがある。
  • Afternoon discussion
    • site-based: fluxnet(CO2, latent heat)
    • large scale: CO2 conc., Riverflow
    • remotely sensed: fAPAR, Tsfc, height, albedo, burned area, soil moisture, snowcover/depth,
  • Peter Thornton ORNL
    • NACPの話。MATSIROはおろか、SimCycleなんかもない。IsoLSMはある。
  • Silvia Kloster, Burned area
    • GFEDv3
  • Miguel Mahecha MPI

Day2 Edit

  • Markus Reichstein, MPI, Fluxnet
    • http://www.fluxdata.org/
    • gridded product vs site-level product; scale issue
    • よくまとめられたな、という感想。関係者の人数が異常。
  • Mac Post, ORNL, Soil data
    • Upgrade of HWSD with existing US, Canada, Aust databases
    • SOTER: Soil and Terrain Database
    • http://code.google.com/p/srdb/
    • Global Littermass and Litterfall Database: Also has nutrient measurements
  • Philip Ciais, LSCE, Model evaluation, satellite.
    • Satellite datasets can differentiate model output, but data errors to be accounted for.
    • Ecological databases need careful protocols because of age effects.
  • 午後は別の打ち合わせ@SIOのため早退。

Day 3 Edit

  • Etsushi Kato JAMSTEC, LUC
    • Houghton 2003がベースだが、多数のリビジョンがある。
    • Integrated Assessment Models (IAM) create land use, harvest, bioenergy maps based on RCP scenarios.
    • VISITを使ってオフライン計算し、RCPから与えられているEmissionと比較。(?)
    • RCP3とRCP8.5がわりと似てる。
    • VISITとSEIBの関係がわからない。。。オフライン計算とESM計算の違いは?
    • 20C3Mでのラインの違いはなぜ?
      • ESMはRCPのCO2濃度とLand Useが使われている?
    • ”Harvested wood”を出力すべき?
  • Elena Shevliakova
    • Why worry about Land Use?
      • LU C flux esitmates are required for
    • Emission driven ESM
    • Observations: National wood harvests, crops harvested, deforestation rates, areas of crops, pastures, biomass accumulation, ...
    • George Hurtt et al., 2009がcommon dataset for historic and future.
    • Inconsistency between ESM-generated LU emissions vs externally prescribed
  • Chris Jones, CARBONES; 20-year carbon reanalysis
  • Break-up session on metric components
    • Hydrology and Energyに参加。RiverflowにSeasonalを入れない、というのはどうかと思ったが、Human interventionがあるから、という理由もわかるので了承。他はまっとうに最低限、という感じ。
    • 新たなランを強制しない、すでにあるランのBenchmarkingができることが最重要。
      • river flow
      • global runoff from ocean balance (lower priority)
      • albedo
      • soil moisture/wetness
      • column water (GRACE)
      • snow cover
      • snow depth / SWE
      • Tair and Precip --> Fluxnet
      • lE and H; cost function incorporated
    • Fluxnet
      • NEE, GPP, Re, H, lE
      • fAPAR, P, T, vegetation map
      • site-to-site; LAI, NPP, C stocks, soil moisture, soil respiration
    • ecosystem group
      • SoilC
      • Litter C
      • Soil respiration
      • fAPAR
      • NDVI
      • Biomass+Change
      • Canopy height
      • NPP
      • WUE
    • Vegetation group
      • MODIS vegetation (Hansen et al.)
      • GFEDv3 burning area
  • Michael Prather, UC
    • Chapter 12のLA。Annexも担当?
  • Discussion on software design
    • Rを使う
    • Private Modeとして、各自のシステムにインストールしてモデル評価・開発に用いる。Public Modeとして、CMIP5のモデルの一気評価に用いる。
    • Data使用のパーミッションは?Aknowledgment systemで対応
  • ESSのセミナー発表のため退席。特に荒れることなくあっさり終了。
category:Meeting author: kei at 2011-02-10 (Thu) 17:12:34
Sun, 23 January 2011

ILAMB Edit

ILAMBのミーティングに参加。1/24-26まで。 http://www.ilamb.org/

category:Meeting author: kei at 2011-01-23 (Sun) 22:28:56
Mon, 13 December 2010

AGU FM2010 Edit

AGUに参加。

category:Meeting author: kei at 2010-12-03 (Fri) 15:46:23
Wed, 01 December 2010

もう12月。 Edit

5月の終わりに帰国して、はや半年が過ぎたことになります。時間のスピードが本気で恐ろしい。はじめの数か月は生活のセットアップに消え、それからもなかなか思うように研究がはかどらない日々でしたが、今日ようやく一つ論文が仕上がりました。ふう。この勢いでもう一個にとりかかっちゃおう。

category:Life author: kei at 2010-12-02 (Thu) 10:25:11